スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大都会上海

P1100801-1.jpg


想像以上に都会な上海にビックリ。
ほとんど日本、いやそれ以上か.... 街中を走る高級車の数は日本より多い感じがする。

そして建設中の高層ビルがそこら中にあり、バブっている中国のエネルギーを感じる。

上海の観光は、ショッピングエリアの南京路、中国庭園の豫園、新興地域の浦東エリアへ行ったり、上海雑技団を観に行ったりと楽しんだ。相変わらずショッピングは雰囲気だけ楽しんだ。

また、麗江で出会った、上海在住日本人のHさんと再会し、美味しいごはんをご馳走になったり、キレイな夜景が見えるスポットなど、いろいろ連れていっていただき、とても楽しい時間が過ごせた。
麗江で偶然入ったスーパーで声を掛けていただき、始まった付き合い。
こういう出会いは旅の醍醐味で、日本で生活していると、なかなか体験出来ない。
しかも、海外で出会う日本人は自分と同じ価値観を持っていたり、変わった人・面白い人が多く、話していて楽しい。
これまでの旅の間、他にも良い出会いがあり、日本に帰っても付き合いが続けば良いと思う。

そして、旅の思い出として、世界遺産などの観光名所も勿論良いが、日本人だけでなく、外国人・
現地人などヒトとの交流が一番心に残るものになり、旅は本当に良いものだと再確認した。


スポンサーサイト
2010-03-21 : China : コメント : 3 : トラックバック : 1
Pagetop

帰国日決定

2010.03.18

ついに3月24日、帰国決定。

現在、上海に滞在中。

上海から日本に帰ると思いきや、明日3月19日に上海からソウルへ飛行機で行っちゃいます。
そして、ソウル・釜山観光の後、3月23日に釜山港から大阪の南港に向けて、
パンスターフェリーに乗船。(18時間の船旅)

2009年3月15日に出国してから約一年。

5日後、日本に帰ると思うとちょっと寂しいな....
2010-03-18 : China : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop

北京観光

P1100212-1.jpg


北京の見どころは多く、短期間で全てを見て回るのは不可能....
ということで、行きたいところをピックアップして回ってみた。


①故宮

P1100098-1.jpg

楽しみにしていたところでもあり、期待を裏切らずとても良かった。
映画ラストエンペラーをもう一度観たくなった。



②天安門広場

P1100520-1.jpg

北京滞在初日に行ったが、たぶん人民大会堂(日本の国会議事堂)で議会が開かれていた?ため入れず。最終日、やっと入れた。
とにかく広い。数々の事件がここで起きたと思うとなんか不思議な気分になる。
公安(警察)の数が多く警備が厳しい。
中に入る際の荷物検査で、長蛇の列に並ばないといけなく面倒くさかった。



③万里の長城(八達嶺)

P1100350-1.jpg

P1100408-1.jpg

八達嶺は北京中心部からバスで1時間半で行け、最も有名な万里の長城。



④北京動物園

P1100264-1.jpg
熊猫(パンダ)。


P1100293-1.jpg
金絲猴(孫悟空のモデル)。



⑤北京奥林匹克公園(北京オリンピック公園)

P1100456-1.jpg
鳥巣。



他に、前門大街、西単、南羅鼓巷、紅橋市場などのショッピングエリアをブラブラし、
ほとんど何も買わず、雰囲気だけ楽しんだ。

観光の際、地下鉄をけっこう利用したが、駅構内・電車など新しくキレイでハイテク機能も搭載されており驚いた。
でも、電車に乗る時の人民の割り込みには腹が立った。
これでも昔に比べたら改善されてるのかな....

北京滞在5日間の内、そこらじゅうで見かけた吉野屋。旅行中『今、食べたい和食は何?』という問いに何度も出てきたヨシギュー。思わず2回入店してしまった。


あまり期待していなかった北京だったけど、最終的には大満足であった。


次なる目的地は杭州。寝台列車で北京から13時間....


2010-03-14 : China : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

予定外 北京

2010.03.08

P1100009-1.jpg


pm2:50北京西駅到着。桂林駅から約23時間の列車の旅であった。
北京に近づくにつれて、車窓から見える外の景色が雪国へと変わり、
行き先を北京にしたことを少し後悔。

到着して列車の外へ出るもやっぱり寒い。


北京西駅からタクシーで王府井へ向い、故宮付近のYHへ投宿。
部屋も狭いし、高いしであんまりだったが、寒い中荷物を持っての宿探しは面倒なので即決。


チェックイン後、天安門へ行ってみる。


P1100015-1.jpg


P1100028-1.jpg


北京初日の感想としては、とにかく寒い。氷点下。これからこの寒さが続くと思うと憂鬱になった。
そして雲南・桂林と比べて都会だけあって、人も多いし物価も高い。

今後の予定は、3~4日北京滞在後、上海へ行って、3末には日本帰国予定。

一年ぶりの日本も楽しみだ。


2010-03-09 : China : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

飛来寺→徳欽→麗江→大理→昆明→桂林→陽朔

飛来寺からビザ取得のため、麗江を経由し再び大理へ。
大理到着翌日、公安へ向かい、難なく30日ビザゲット。

P1090457-1.jpg

5日間程お気に入りの大理でゆっくりした後、次なる目的地桂林へ向うべく、
朝9時大理発のバスに乗り、昆明へ。バスを乗り継ぎ昆明駅到着。

寝台列車で桂林駅へ行こうと思っていたが、硬臥(3段ベッドのハードスリーパー)の当日券が取れず、翌日の硬臥を購入。
3月2日18:22昆明→翌日12:43桂林駅着、18時間乗って270元(約3500円)。

ほぼ予定通り桂林駅到着。インドの列車事情と比べると天と地の差。
遅れないし、環境も中国の圧勝。

最終目的地の陽朔(ヤンショウ)へは、桂林駅からバスで南へ1時間半程行ったところにあり、
陽朔の宿にチェックインしたのは、15時頃。

ここはヨーロピアンバックパッカーに人気らしく、ウワサ通り、ヨーロピアンけっこう多し。

桂林の街自体はただの都会で、風光明媚な景色を楽しみながらの滞在なら、断然、陽朔がオススメ。

マクドもあり、久々に入店。

P1090666-1.jpg


ここもなかなか良さそうだ。

2010-03-05 : China : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

FUTEBOL

Author:FUTEBOL
copa mundial FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。