スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

梅里雪山

2010.02.22

香格里拉(シャングリラ)からバスで山道をひたすら走ること6時間、徳欽(デチン)へ。

道中、バスから見える景色には感動した。
標高4000mオーバーの峠越えがあり、そこから見える白馬雪山(5640m)は最高だった。
富士山を越える高さを、バスで走っていると思うと、不思議な感じがした。

P1090335-1.jpg


シャングリラから徳欽にかけてのこの一帯は、金沙江(チベットから発して大峡谷を縫い巡り、長江となる)、瀾滄江(メコン河)、怒江(サルウイン河)の3つの大河が併行して流れているエリアで、世界遺産にも登録されている。
メコン河と長江がこんなに近くを流れているとは知らなかった。

P1090341-1.jpg
↑金沙江



今回の目的は飛来寺から梅里雪山を拝むことで、徳欽から更にタクシーで20分程山道を上って到着。

P1090182-1.jpg


ここは標高3500mで、結構寒く、幸い高山病にはならなかったが、
階段を上り下りするだけで少し息苦しくなった。


それにしても、宿の部屋から見える梅里雪山は絶景。山奥まで来た甲斐があった。

梅里雪山には標高6000mの山が13座あり、中でも6740mの主峰カワカブ峰は、
雲南省最高峰でチベット仏教の神山でもある。

P1090267-1.jpg

P1090271-1.jpg


今回は一泊しか出来ず、周辺もあまり行けなかったので、またいつか来たい。


2010-02-26 : China : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

FUTEBOL

Author:FUTEBOL
copa mundial FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。